+

そうとめ皮膚科クリニック外観

下野・小山・宇都宮の
 レーザートーニングの

tel.0285-51-1551
受付時間(月、火、木、金)
9:00~11:50 15:00~18:00
受付時間(土)
9:00~11:50 14:00~16:30

〒329-0511 栃木県下野市石橋803-1


保険診療サイトへ

肝斑・しみ・色素沈着・くすみ・毛穴が気になる・キメを整えたい 

レーザートーニングとは

C6

 

当院のレーザートーニングは、メドライトC6(QスイッチNd:YAGレーザー)という医療用のレーザー機器を使用します。

肝斑はレーザーでは治療出来ないとされていましたが、当院のレーザートーニングで使用する「メドライトC6」のビームは、非常に弱いパワーで均一にムラなくエネルギーをお肌に届けることができるため、肝斑が改善するといわれています。

施術後には、顔面が赤くなりますが、10分ほどクーリングをすると次第にひいてきます。その後化粧をして帰宅が可能です。

施術2,3回後から次第に色素の減少がみられるようになります。トラネキサム酸、ビタミンC,Eを内服してメラニンの生成を抑えつつ、日常生活でもUVケア、UVクリーム、日傘、帽子などの遮光を徹底しながら、トーニングを行うことをお勧めしています。

レーザートーニングをお勧めする症状

肝斑
肝斑とは一般的に、30 ~ 40 代のアジア人の女性に多く見られるシミの一種で、両頬に同じ ようにできるのが特徴です。原因ははっきりとしていませんが、女性ホルモンのバラ ンスが関係していると言われています。

肝斑はほかのシミと混在している場合が多く、見分けるのが難しいので、ただのシミ だと思い込んでしまうこともあります。 肝斑の治療には、トラネキサム酸やビタミンC などの内服やイオン導入などを 長期にわたって継続する必要があり、難治性の肝斑の場合にはそれでも色素が残って しまうことがありました。次のステップの有効な治療法もなく、肝斑だから・・・、とあきらめている方も多いのではないでしょうか?

レーザートーニングとは メドライトC6(QスイッチNd:YAGレーザー)という医療用のレーザー機器による肝斑の新しい治療法です。 これまで肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、その肝斑への画期的な治療法として、は非常に注目されています。 肝斑のほかにも、ひらいた毛穴やくすみにも効果的で、治療後は肌がツルツルになる と多くの方が実感しています。

しみ・くすみ
肝斑(かんぱん)だけでなく、しみやくすみなどの色ムラも改善し、明るく透き通るような肌へと導きます。
美肌治療がはじめてという方はもちろん、いままでいろんな美肌治療をやってきたという美容上級者にもレーザートーニングはおすすめです。

毛穴
非常に弱いパワーでレーザーを照射して、開いた毛穴にも効果的で、ピンとハリのあるキメの整った肌に導きます。

肝斑治療が可能な理由について

「なぜ、レーザートーニングで肝斑(かんぱん)が改善するの?」 それは、治療で使うQスイッチYAGレーザー「メドライト」に秘密があります。

 

秘密① レーザーを均一に照射できる。

top 通常、シミ治療で使用されているレーザーのビーム(照射したときのレーザー光)は、ガウシアン型と呼ばれる山の形をしています。これは、ビームの中心が最もエネルギーが強く、中心から離れるにつれてだんだん弱くなります。このため、肝斑(かんぱん)にガウシアン型のレーザーを照射すると、エネルギーの強すぎる中心部は炎症を起こして悪化する恐れがあり、反対に端の部分ではエネルギーが弱すぎて効果があらわれにくいという欠点がありました。
これに対し、レーザートーニングで使用する「メドライト」のビームは、トップハット型と呼ばれる平らなレーザービームなので、強弱の差がなく、均一にムラなくエネルギーを届けることが可能になったのです。

 

秘密② トーニングでは低出力で炎症が起こりにくい

 

QスイッチYAGレーザーは、もともとシミ治療でよく使われているベーシックなレーザーです。このシミ治療の場合、シミの部分に限定してレーザーを当てます。治療後はかさぶたになるため、ばんそうこうなどで1週間ほど保護する必要があります※。

ところが肝斑(かんぱん)の場合、ちょっとした刺激によってメラノサイトが活性化しやすい状態になっていますので、今までと同じようにレーザー治療をすると悪化させることがあります。
レーザートーニング治療では、広範囲に弱いパワーでレーザーを当てるため、メラノサイトを活性化させる原因となる刺激を起こさせることなく、メラニンを徐々に減らしていくことが可能です。
また、QスイッチYAGレーザーの波長1064nmは皮膚への深達度が高く、メラニンが蓄積されている層まで効果的にレーザーエネルギーを届けることができるのもポイントです。

※かさぶたが取れた後はシミのないピンク色の新しい皮膚になり、その後徐々にまわりの皮膚の色となじんできます。炎症性色素沈着と言って、逆に色素が濃くなることがありますが、半年ほどで落ちついてきます。その間のケアには十分注意します。

 

レーザートーニング施術の流れ

カウンセリング カウンセリング
皆様のお悩みを詳しくお聞きし、施術の詳細な説明をさせていただきます。
洗顔 洗顔
洗顔をしていただきます。 ※クレンジング剤・洗顔料はご用意していますが、施術後のメイク道具はご用意していませんのでご持参ください。
toning

施術
顔全体に、レーザーを照射していきます。施術後に若干の赤みやほてりが出ることがありますが、当日または翌日には治まりますのでご安心ください。
施術後は、クーリングを行います。

しっかりと保湿して、日焼けをしないように注意しましょう。

施術写真

レーザートーニング 症例写真
        toning

レーザートーニング 症例UV写真
        uv

UV写真は、肌の状態を見るために、UVカメラを使い撮影したもので肌の奥に潜んでいる目に見えない潜在的なシミを映し出したものです。トーニングを実施する前とトーニング開始して4週間後に前掲の写真のように無料撮影(もちろんこの写真はご本人のみに提示)させていただくことで、お一人お一人にあった治療計画やホームスキンケアの参考資料にしていただいております。

個人差がありますが、目に見えているシミだけでなく、肌の奥にはこれから肌の表面に出てくるかもしれないシミが数多く眠っている可能性があります。

しかしながら、このUVカメラを使って映し出されシミのすべてが肌表面にでて、シミになるわけではありません。日焼け止めを塗るなどの紫外線対策や日頃のスキンケアをしっかりすることで、肌表面のシミとして残すことなく美しい肌を保つことができます。

患者様の声

只今、準備中です。

料金表

施 術 1回料金 5回セット料金 10回セット料金
両 頬 10,000円 40,000円 80,000円
全 顔 15,000円 60,000円 120,000円
10回セット料金には10回セット終了後にQスイッチレーザーのよるシミ治療(5カ所:それぞれ長辺10mm未満)をお付けします。
円(税別)

よくある質問

Q.1度の施術で効果を実感できますか?

A.レーザートーニングは定期的に施術を受けていただくことで、徐々に表面に近いメラニンに穏やかに働きかける特徴があります。当院では、1週間に1度、5回1クールで施術をうけていただくことをお勧めしております。

Q.施術の痛みはありますか?

A.ゴムではじく程度の軽い痛みを感じる場合があります。痛みに弱い方は、お気軽にご相談ください。

Q.注意することはありますか?

A.保湿を心がけ、日中は日焼け止めを塗るなどして、日焼けをしないよう注意してください。こすったりさわったりするのも刺激になりますので、避けてください。治療直後からメイクが可能で、入浴もできます。そのほか、医師の指示があればそれに従ってください。

Q.ダウンタイムはありますか?

A.ダウンタイムは基本的にありません。施術後数時間は赤みなどが出る場合がありますが、当日または翌日に引いていくことが多いです。赤みが続くようであれば医師にご相談ください。

Q.施術後、すぐにお化粧はできますか?

A.すぐにお化粧できます。絆創膏やガーゼを貼る必要がないので生活に支障が出ることがありません。